不確実性の時代にどう生きるかを考えなげら株とFXをする日記ブログです
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月20日 (水) | 編集 |

 


 ドル売りオ~ダ~ ♪悲しいけれど
 終りにしよう きりがないから
 ドル売りオ~ダ~♪ワケなどないよ
 ただひとつだけ あなたのため


中国利上げで止まらなかったドル売りに歯止めがかかった。僕も素直にドル円ロングで入りました。でもね、朝起きたら、下がってる。悲しみに暮れ、念じるように「love is over」歌ってました。なんか励まされます。

今日の収支 -10,000
スポンサーサイト

2010年10月19日 (火) | 編集 |
ユーロドルとドル円が少し動いたぐらいであとはヨコヨコ。11月の会合までこんな相場が続くんでしょうか。今日もとってとられての変わらず収支。

ドルの動きが今は難しいのであまり触りたくないんだけど、ユーロ、ポンドは動かんから悩ましい。

しゃっくり一度始まるとその日一日中しゃっくりと闘わないかんのでなんかいやな一日

今季の連ドラは結構面白そうなのが多い。その中でも僕は相棒が好きです。

2010年10月18日 (月) | 編集 |
大好きなことを止めざるを得ない時というのはなんて無情で残酷でそして儚いのだろうか。たしかにここに僕という存在は”いる”のだけども、それはかろうじて残る移り香ほどしか存在しない。僕は一体何者で、何のために生きていたのか。   そう、僕は今絶望している。
 人は己の中に”これだ!!”と心踊らされるものと出会った時、熱中する。それを一般にマイブームと呼ぶのだけども、カリスマ性を持った人間はさらに他の人間を巻き込みマイブームを社会的な”流行”へと昇華させる。
 僕のマイブームは”から揚げ”だった。だが、志半ばでマイブームを終了する。なぜなら、もう胃がもたれて食べ続けることが無理っぽいからだ。「限界」・・・僕の胃はそう言っている。今日はさすがに学校に行く気にもならない。自分の胃腸の弱さに失望した。残ったものは、業務用のから揚げ粉約2キロと廃油。僕の翼は完全に折られた。それが、翼をもつ鳥を食べれなくなったからというのは皮肉でしかない。さらに言うなら皮と肉を食ってた僕にとって皮肉という言葉はあまりに皮肉。アイロニーの本質に触れることができた気がする。僕は学習した。次のブームはもっとさっぱりしたものにしよう、と

FX

とってとられてであんま変わらない。

今日の収支 +1,000円

2010年10月14日 (木) | 編集 |
最近、洗濯するのが楽しくてしょうがない。もはや、服は洗濯するために着るのであって、洗濯がこの世にないのであれば服など着るに及ばんのではないかと思う。葉っぱ一枚でいいと思う。そこまで僕を洗濯の世界、いわゆる、濯界に誘ったのはほかでもない柔軟剤との出会いから始まる。柔軟剤を使わない洗濯なんてものは、ワキガのデブ男にファブリーズで対処するようなもので、まったくの労力とファブリーズの無駄使いなんよね。ワキガ治療の手術を受けさせ、ダイエットまでさせるっていうのが、濯界での柔軟剤の役割なんです。その中でも濯界のホープと言われているのが、フレアハピネス。これを使ってから洗濯物に恋心を抱いてしまい、いつプロポーズしようか悩んでしまいます。役所は決して僕らの関係を認めてくれないかもしれない。だったら認めてくれる国に国籍を移したって構わない!!ってな具合に惚れこんでしまいます。

下着泥棒も、もしや濯界の方なのでは?とよく言われるのですが、あいつらは濯界では永久追放、無期懲役の犯罪者です。洗濯物を愛してるのではなくて、そのバックグラウンドである人間を想像することによって喜びを感じているのであり、要は変態なんです。濯界だと偽装して近寄ってくる下着泥棒が最近増えてきているので、要注意ですね☆



さてと、日本を洗濯するぜよ(龍馬伝風)

2010年10月14日 (木) | 編集 |
ドル円が81円前半になりました。円高になれば輸入品の価格も低くなり、相対的に国内物価も下がる。そうなれば、あとはデフレスパイラルで国力低下、株安で日本終了、お疲れ!というシナリオが容易に想像できる。デフレ脱却が難しい要因の一つが消費低迷。人が物を欲しがらなくなった。顕著なのが若者。一昔前ならスポーツカーにあこがれ、身の丈を超えて車を買うこともあったが、今の若者はそれがない。だから、ダメなんだとハゲ散らかしたおじさん連中はいうけど、それは違う。購買意欲がわかない商品しか作れない企業が問題なんだと。その点で言えば長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットは的を得ていると思う。国産野菜にこだわって、値上げを敢行しながら増収増益を実現。こういう発想の転換が成功への道を作りだすんだよなぁ。

ユーロドルも1.400超えるとは思わんかったけど、これでもかと言わんばかりにぶちぬいとるもんね。笑えてくる形のチャート。アメリカは通貨戦争においても勝利をつかんじゃいましたか。


収支 変化なし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。